初写真集発売

  • 2010/07/05(月) 13:51:11

名古屋おもてなし武将隊の初の写真集
『乱舞』が発売されました

一人10頁づつの充実した内容
まだ加藤清正には会ったことないので
写真集で初めて顔知りました
家康は甲冑着てないほうがカッコイイみたい

インフォレスト株式会社
1680円(税込)

20100705135111


吾輩は猫である

  • 2010/02/04(木) 10:51:04

中学の頃から
何度チャレンジしても途中で挫折してしまう
『吾輩は猫である』
絵本なら最後まで読めると思って購入したのですが
齋藤孝さんによる抜粋本でした
( ̄▽ ̄;)

20100204105104
ほるぷ出版
声にだすことばえほん
『吾輩は猫である』
作:夏目漱石
絵:武田美穂
編:齋藤孝

武田美穂さんの絵が最高!
武田さんは私の大好きな絵本
「となりのせきの ますだくん」の作者です


小学生の女の子の気持ちが
よく描けている傑作だと思います

加圧トレーニング

  • 2009/11/07(土) 08:32:02

名古屋・栄のアネックス2Fで加圧用のウエアを販売していました
加圧には以前から興味があって、近所にジムもあるのですが
通う時間がないのであきらめていました
この店ではウエアを購入すると同時にインストラクターの資格を持った
販売員が最適な加圧にベルトを調整してくれるようです
初期費用(ウエア代 およそ35000円)はかかりますが
ジムに通うよりずっと安い
最適な加圧さえわかれば自宅でできるんですよね
ボーナスさえ出てくれれば・・・

icon
icon
1回8秒でやせる!「加圧ポージング」
icon

本能寺六夜物語

  • 2009/06/02(火) 15:18:02

20090602151802
今年も来ました 6月2日
買った時はあまりおもしろくない印象でしたが
読み返してみるとなかなかでした

本能寺六夜物語
岡田秀文著  双葉文庫

本能寺の30余年後、山寺に集められた六人の男女が
各々の体験した本能寺の変を語っていく
六夜目 最後の男が問う
「あの本能寺の変とは、いったい
 いかなるものであったのか
 正しく答えられる方はおありか」
それに対し全員が
「明智光秀の謀反により信長公を本能寺に葬った」
そしてその理由は
「光秀が信長公に深い恨みをいだいていたから」と
最後の男は言う
「本能寺の変当時、小姓として光秀様に仕えていた
 事変の裏側をすぐ側でみる立場にたった
 その時のこと、今こそ包み隠さずお話しいたす
 しかとお聞きあれ・・・」
そして真相が語られる・・・

ネタバレすると面白くないので書きませんが
「結構真実だったりして」と個人的には納得しました

個人的には 清水義則さんの「金鯱の夢」の
尾張弁が大嫌いだった光秀が
信長が天下を取ったら公用語が尾張弁になってしまう
それだけは何としても阻止せねば!
という理由で謀反を起こしたっていうのが
好きなんですけど

英傑の日本史

  • 2009/04/06(月) 14:18:03

20090406141802
「英傑の日本史」信長・秀吉・家康編
井沢元彦著 角川文庫

井沢元彦さんの信長観は私の上様観と非常に近いです
共感するところ多し
特に本願寺との関わりとかは大賛成です

「秀吉の指が6本あった」というのは初耳でしたが
そのコンプレックスがエネルギーになっていた説は
説得力があります

私の携帯「のぶなが」と入力すると
毎回「信長の野望」って出ます
正直うっとうしいです